会社設立するための手続きの全て

これから会社設立する人にだけ教えたい情報

会社設立が楽に!司法書士に登記手続きを依頼するメリット

会社設立の際に、問題となるのが複雑な手続きです。そんな時は司法書士などの、専門家に依頼すると、手間や時間を節約出来ます。基本的に、会社の登記などで必要な手続き作業のほとんどを代行して貰うことが可能です。あくまで手続きの手伝いをして貰う事を考えれば、行政書士に任せる事も出来ます。しかし行政書士は、手続きに必要な書類を作る際には力になってくれますが、法務局へ出向いて会社設立の為の登記手続きは出来ません。行政書士が行うと法令違反になるからです。行政書士の名前で申請書を法務局に持って行っても、受け付けて貰えません。

司法書士に任せれば、公証役場や、登記所へ自ら出向く必要が無くなります。面倒な会社手続きは全て任せて、自分は営業へ回る事が可能です。目的は会社設立を達成するのではなく、スタートから余裕を持って業務が出来る事でしょう。手続きを任せる事で、精神的にも、体力的にも、余裕を持つ事も可能です。

他にも、起業をする際に繋がりを持つ事によって、会社としてスタートした後からも、様々な業務の相談が出来ます。例えば会社の住所など、情報を変更する際にも手続きをしなければなりません。会社業務に関する手続きについても、幅広く対応をして貰えますので、繋がりを持っていた方が後になって助かる事もあります。会社を運営する際には、法律問題に直面する事もあるでしょう。

ただ、会社を起業する為に必要な知識や経験を得る事が出来ますので、そんな人は依頼しなくても大丈夫かもしれません。出来るだけコストを低くしたい人は、自分でやりたいと考える事もあるでしょう。しかし法務局へいちいち出かけるのも、交通費が必要となります。ぎりぎりまで資金調達に奔走している人にとっては、少しの時間も、もったいない筈です。そんな事を想定すると、依頼するメ

リットは大きいでしょう。

それに自分で手続き等をする際には、ミスが生じる可能性も否定出来ません。市販でもマニュアル本もありますし、インターネットで検索をしても、ある程度の情報を知る事は可能です。ただ、専門家では無い事で、専門的な用語等が出て来ればいちいち、調べる必要も出て来ます。今いち理解出来ないまま手続きをしても、不備が生じて、またやり直しという事もありえます。間違って手続きをし、変更をしなければならなくなると、その度に費用もかかって来ます。結果として、コストがかさんでしまう事も想定しなければなりません。

依頼する時の金額についてですが、事務所によって変わります。ただ、ある程度の相場は存在しており、約20~30万円の値段設定にしている事務所が多いです。交通費や郵送費が報酬の中に含まれておらず、別途支払わなければならない設定にしている所もあります。

ただ、依頼をしても、自分で用意しなければならない物もあるのは忘れないようにしてください。発起人や代表取締役になる人の、印鑑証明書が必要です。注意したいのは、自分は出資して取締役も自分だけというケースもあります。この場合、印鑑証明書は2つ必要となるので注意してください。取締役が2人居て、どちらも出資するなら、2人の印鑑証明書が必要となります。

銀行預金通帳も必要です。代表取締役の個人名義の銀行預金通帳を用意しておきましょう。新しく作るのも良いですし、使っていた通帳を使う事も大丈夫です。出資金の払込が、この預金通帳に入金される事になります。ただし、入金は定款を作った後です。

それから法務局に印鑑を届け出なければなりません。会社実印となるものです。司法書士に依頼をする場合、この程度の物を用意するだけで大丈夫なのです。しかし依頼しなければ、用意して、手続きをしに法務局へ行かなければならないなど、大変な事が多いので、依頼した方が良いでしょう。

メニュー

このページの先頭へ