会社設立するための手続きの全て

これから会社設立する人にだけ教えたい情報

会社設立時に必要な実印やその他の印鑑

会社設立に際して必要不可欠となる印鑑は、法人としての実印(代表者印)だけです。一般的には、このほかに銀行印と角印(社印)を作成することが多いです。さらにこれら以外に、住所および会社名を彫り込んだゴム印や、会社名および回転式日付けを組み込んだ運送便などでの物品受取を証明する受領印も、用意するのが普通です。


会社の実印は、法務局に届け入れて登録するもので、会社名のほかに「代表取締役」の文言を入れることが多くなります。
銀行印は、銀行で預金通帳を作成する時に必要になるもので、銀行に登録されるものです。実印を流用しても構いませんが、銀行専用の印鑑を別個に作成するのが普通です。


角印は、見積書や請求書や領収書などに捺印するもので、日常的に多用するため、これも銀行印などを流用することを避け、専用のものを作成します。角印は、どこにも届け入れることのないものです。角印は、認印に該当するものですが、法的効力からすればどれも同じなので、軽く考えることはできません。


ゴム印は、住所および会社名を入れることが必須ですが、電話番号や代表者名などを追加で入れることがあり、それぞれがセパレート式になっているものが便利です。セパレート式は、必要に応じて組み合わせを変えるわけです。このゴム印は、契約書や約束手形に用いたり、発信の郵便物に用いたりするものです。


受領印は、受取の日付けの入るものが最適で、運送便荷物の送り状の受領印欄などに押すものです。受領印に日付けの組み込みは絶対に必要というわけではありませんし、角印でも代用できるものですが、受取日を証明したり確認できることで、稀に役立つことがあります。


会社で用いる各種印判は、用途別に分けて作るべきで、法務局に登録した代表者印で、全てをこなすことは適切ではありません。また、印影が丸型か角型かの区別や、印影の大きさや書体がどうであるかについては、法的な定めはなく自由ですが、社会的に通用している一般的な様式に従うのが妥当です。堂々たる巨大な印判を作っても、使いやすいものではありませんし、定型書式に捺印する場合、食み出すことになったりします。社会は、共通の習慣を互いに守ることでスムーズに動いている部分が少なくありませんので、印判の用意でも、習慣に従うことでうまくいきます。


また、目的別に異なる印判をわざわざ作っているのも、便利さだけが理由でなく、そうすることで間違いを少なくしたり、危険を防止する働きもあるからで、これも定着している社会習慣に従うことで、思いもよらぬ失敗を回避できることにつながります。例えば、銀行印は、金融機関での金銭の出し入れだけに用いることで、安全性を高めることができます。銀行印を雑多な用途に乱雑に使用し、その印影が様々な所に拡散されている状況で、預金通帳を紛失したり盗難に合った場合の危険を思えば、専用の印判を用意しておくことの意義に納得できるはずです。銀行印に限らず、用途別に複数の印判を使い分けることは、それぞれに合理的理由があります。その合理的理由を詳しく知る必要は全然なく、ただその習慣に従うだけで、知らず知らずの内に合理性や安全性の効用を受けることができますので、素直に従っておくことが大切です。企業設立で考えなければならないことは、ほかに沢山ありますので、印判のような定型的で習慣的な事柄は、先例に倣って習慣通りにしておくことが賢い判断になります。独創性は、それが必要な分野に集中的に投入し、習慣に従うべき事柄は、独自に考えずに習慣通りにするに限ります。会社で必要となる印判もそれに該当し、独自に考える要素は殆どありませんので、普通通りにしておけば問題ありません。

メニュー

このページの先頭へ