会社設立するための手続きの全て

これから会社設立する人にだけ教えたい情報

会社設立にはいったいいくら必要なの?

会社設立を考える場合、ほとんどの方が株式会社か合同会社を選ぶことになると思います。では、起業にはいったいいくら必要になるのでしょうか。


会社設立にはまず資本金が必要になりますが、その他にもいろいろとお金が必要になります。設立にかかる諸費用には、主なもので定款認証手数料、定款印紙代、定款謄本代、登録免許税、代行手数料があります。


会社を起業する際は、定款を作成し基本原則を定めておかなければいけません。この定款を作成した後、これが正しく作成できているのか証明して貰うことが必要です。これは、会社の本店所在地を管轄している法務局所属の公証役場で行います。この定款認証手数料が5万円です。さらに、印紙代が4万円。定款認証の控えとして登録申請用・保管用の謄本代が1部につき1000円で合計2千円になります。合同会社の場合は、定款認証の費用の5万円を収める必要はありません。印紙代4万円と謄本代2000円のみです。


この後に会社登記手続きを行うのですが、この設立登記の際に登録免許税を納めます。株式会社の登録免許税代が15万円です。なお、1000分の7の金額が6万円を超える場合はこの金額が必要となります。


合同会社の場合は、印紙代に6万円。資本金の1000分の7の金額がこの金額以上の場合はその金額が必要です。この金額分の収入印紙を購入して、印紙用台帳に貼付けて納付します。


ここまでをまとめると、株式会社の場合は、定款認証手数料が50000円、定款印紙代が40000円、定款謄本代が2000円、登録免許税が150000円の合計242000円となります。合同会社の場合は定款印紙代が40000円、定款謄本代が2000円、登録免許税が60000円の合計102000円です。


この他の必要なお金には、印鑑代があります。会社の設立する際は実印、銀行印、認印の3種類が必要です。登記手続きで提出をする書類には代表印を押印する必要があり、銀行口座を開設する際や出納に銀行印が必要です。実印を押すほどではないけれど、押印が必要な書類には認印を使います。この3種類の印鑑は、こだわりがなければ安いものでもかまわないので安ければ3000円ほど揃えられます。また、銀行口座開設や契約をする際に登記簿謄本・印鑑証明が必要となる場合があります。登記簿謄本代が1通600円、印鑑証明の代金は1通450円です。


この一連の手続きは行政書士や司法書士に依頼することができます。依頼先の事務所によって違いはありますが、代行手数料が株式会社の場合は約5万円から15万円ほど、合同会社の場合は約4万円から9万円ほどです。ですが、最近は設立登記を低料金で引き受けているところがあります。こちらを利用すれば1万円以下の手数料で依頼が可能です。


行政書士や司法書士に依頼した場合は、定款認証の手続きが電子認証で行われるので印紙代4万円がかかりません。4万円以下の代行手数料のところへ依頼すると、自分で手続きを全てした場合よりも節約できたといえるでしょう。ですので、4万円以下で代行を引き受けているところへ依頼することをおすすめします。


諸費用ではありませんが、株式会社、合同会社の起業には資本金が必要です。株式会社、合同会社ともに1円の資本金から起業できます。ですが、資本金は会社が事業を行っていくための大切な資金です。資本金が多いほど事業を行える資金が多いということなので、他社からは体力のある会社だと判断されます。資本金の多寡で会社の信用につながることもあるので、資金に余裕のある方はそれ相応の金額を用意したほうがいいでしょう。


このように会社設立にはある程度お金が必要になり、いろいろと手続きもあります。事前に必要となる手続きを把握して、しっかりと準備をしておきましょう。

メニュー

このページの先頭へ