会社設立するための手続きの全て

これから会社設立する人にだけ教えたい情報

シニア層、ライフサイエンス、女性の起業は神奈川で!

神奈川県には、ベンチャーを誘致するための様々な施策が設けられています。

まず、ハード・ソフト支援として、インキュベート施設が県内各所に設けられています。各インキュベート施設は、創業予定者に対し、創業、またその後の成長に適した事業スペースを提供しており、インキュベーション・マネジャー(創業、成長に関する支援担当者)によるソフト支援や、相当低廉な賃料の事業スペースあるいは各自治体等によるベンチャー賃料補助制度の利用が可能になっています。

超高齢化社会の進展に伴い、「長期間にわたって培った知識やノウハウを活かしたい」シニア層の増加に応えるため、シニア起業家応援サロンが設置されています。上記のインキュベート施設同様、低廉な料金で利用できるレンタルオフィスで、共用デスクスペースや会議室を備えており、また、電話の取次ぎや郵便物の取り置きサービス等があります。併せて、支援経験の豊富なアドバイザーが常駐しており、事業立上げから切れ目なくサポートを受けることができます。シニア対象のビジネスグランプリや、先行事例や企業に関する様々なQ&Aを紹介するガイドブックの制作等、特色を持った支援策を展開しています。

また県内には、先端的な研究開発拠点やバイオべンチャー、理工系大学が集積しており、ライフサイエンス分野のイノベーションを支える高いポテンシャルを有しています。バイオ・ビジネスネットワークは、主に県内のバイオ関連企業、大学、研究機関、インキュベーターなどで構成されるネットワークで、県内バイオベンチャーの販路拡大・事業拡大に向けたさまざまな取り組みを実施しています。メンバーが持つ創薬、医療関連の有望なシーズ・技術をヒアリングを通じて掘り起こし、それらについて、研究会の立ち上げや公的資金を活用した産学連携による共同研究開発のプロジェクト化や実用化を支援したり、ベンチャー企業を中心とした企業間の連携をサポートしています。
県からの委託、ライフサイエンス分野振興事業のもと、県内のバイオベンチャーの技術・ビジネス戦略発表の場としてバイオビジネス・スタートアップを開催し、特にベンチャー企業を中心とした企業との連携による応用研究のきっかけづくりを行っています。

女性のための支援策も充実しており、女性応援サイトなどでは、女性の起業に関する豊富な情報が提供されています。
基礎知識や支援施策については、創業者、中小企業者のための支援施策活用ガイドや県内のインキュベート施設(上述)、「ガイドブック」、中小企業を支援するポータルサイト、産業振興センターで実施している中小企業や創業支援に関する情報提供、各自治体のポータルサイト情報が紹介されています。
ビジネスプラン作りについては、産業労働局労働部労政福祉課により、県内に在住・在勤の女性を対象とする「入門セミナー」、「ステップアップセミナー」が開催されています。また、女性の活躍の場の拡大、女性の視点に立った新たなビジネスの創出を目的としたプロジェクトの紹介や、ワンストップ経営総合相談などの情報が提供されています。
融資の相談に関しては、県、金融機関、信用保証協会の三者が協調し、県が金融機関の貸付原資の一部を預託することで、中小企業が県内で行う事業活動に必要な資金を円滑かつ低利で調達できるよう支援する制度や、設備投資に対する支援、女性・市民コミュニティバンクに出資した会員に融資する相互扶助の仕組みなどが紹介されています。

このように、起業したいシニア層、ライフサイエンス産業に関わる方、女性にとって、神奈川はいろいろなメリットを提供してくれる場所、と言えるでしょう。

メニュー

このページの先頭へ